基礎工事のパイオニア 株式会社 高知丸高のブログです。

避難シェルター取材

弊社に津波避難シェルターが取材を受け、
下記アドレスで放映されております。
是非ご覧ください。
http://promo.smartapp.yahoo.co.jp/yjapp/promo/bousai/#movies

| ニュース | 09:48 | comments(0) | - |
ご紹介
弊社代表取締役社長 睫遒、
石破 茂 地方創生担当 内閣府特命担当大臣に
面談させて頂きました。



| ニュース | 18:12 | comments(0) | - |
株式会社高知丸高 第74号ニュースのご案内
毎月皆様に最新の 『高知丸高ニュース』を、お届けさせて頂きます

 今月号の内容は、
 『海岸に面した急斜地SqCピア工法 本橋ステップブリッジ
   塩害対策 金属溶射塗装(ノーメンテナンス工法)採用』についてのご紹介!!

 今回の丸高ニュースでは、兵庫県淡路島で施工が完了したステップブリッジの現場についてご紹介させて頂きます。
 当現場の、海岸線の荒波により露出した岩盤には固い岩塊が残り、絶壁に打設する橋脚(鋼管杭を打設)には特殊な技術が要望されました。又、通常SqCピア永久橋として、山岳地では耐候性鋼材を使用していますが、海に近い当現場では金属溶射を施す事により塩害対策を実施しており、100年間ノーメンテナンスが可能です。

 さらに裏面では、現在大阪府で施工中の、新名神高速道路「安威川橋梁下部工事」についてご紹介させて頂きます。 新名神高速道路建設に伴う、桟橋構台架設工事が本格的に始まり、弊社でも現在、桟橋工事を施工中です。当現場は、地盤から覆工高さまでが、高いところで40mもある、長橋脚の長高所桟橋です。
 新名神高速道路工事に関連した現場として、最近では、国内最大級の橋脚高95m、張出し長110mを有するPC3径間連続ラーメン箱桁橋として有名な、川下川ダム放水路上橋梁の橋脚用構台や、生野中工事仮設桟橋工事等を担当させて頂きました。また、川下川橋に続き、間もなく『鋼管支持杭桟橋SqCピア工法』『ステップブリッジ本橋』を採用頂いた数箇所の新規現場が始まる予定です。

 是非ご覧下さいませ。

| ニュース | 11:32 | comments(0) | - |
経済対策に168億円
 12月1日の高知新聞に、12月県議会議案案発表で2010年度一般会計補正予算は175億4600万円だと発表されました。
社会基盤整備や雇用対策の拡充等に168億3千万円を積み上げ、その中で、津波避難タワーなどを整備する市町村に1億4600万円を補助すると発表されています。

当社では、津波避難浸水施設の開発に積極的に取り組んでいます。
現在、新しいモデルを考案中で構造計算をしているところです。

構造計算が終了し、発表できるようになりましたらブログでもお知らせしますのでご期待下さい。

津波浸水避難施設・シェルター
http://www.ko-marutaka.co.jp/1/4-5.html
http://www.ko-marutaka.co.jp/1/4-4.html

| ニュース | 09:16 | comments(0) | - |
チリ鉱山落盤事故の掘削工法はダウンザホールハンマー工法!!
 早期救出に成功したのは、三つのプランの内の2番目、Bプラン『ダウンザホールハンマー工法』との事です。

 やはり、硬質地盤を最も早く(約2ヶ月で700m)大口径で掘り進める工法は、『ダウンザホールハンマー工法』だと証明されました。

 鉛直精度、孔壁崩壊、周りへの振動等など問題は山積だったと思われますが、迅速な政府の判断、確かな技術力を持った施工業者、官民協働の素晴らしさを改めて痛感しました。無事故無災害の救出作業、本当におめでとうございました。


| ニュース | 10:51 | comments(0) | - |
1/1PAGES
LINKS
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE